Techtouch

TECHTOUCH
LEADERSHIP
PROGRAM

これからを創る世代の、3年後の未来へ

MESSAGE

信頼のできる仲間と、心から信じる事業を創出し、世界を変えていく。起業は、最高に魅力的な冒険です。一方で、ビジネスパーソンとしての総合スキルが問われる競技でもあり、迂闊に手を出すのが非常にリスキーなことも否めません。(私も先輩起業家の背中を追いかけて日々勉強中です。)

覚悟と能力を持った人は、絶対に起業に挑戦すべきですが、若手のうちはまずは力を蓄え、起業に必要な経験値を溜め込むことも必要だと思っています。(若手じゃない人は、いますぐ起業してください!笑)

シリコンバレーと違い、東京は「周囲に起業家がいる環境がレア」という事実も大きなハンデです。このハンデを埋めつつ、より挑戦しやすい環境を整えたいと思い、このプログラムを作りました。起業に興味があるかわからない、という方も大歓迎です。まさにそういう方のために、このプログラムがあります。

  • 起業、スタートアップを(リスクを含めて)よく理解する
  • SaaSビジネスに必要なファンクションや、その有機的な結合をよく理解する
  • 自分が起業に向いているかを判断する

テックタッチという会社の枠を超えて、世の中にこの手で優秀な起業家や優秀なリーダーを増やしたい。多様なバックグラウンドからきている最高に優秀なメンターと、優秀なピアとで切磋琢磨できる、かけがえのない3年間を提供したいと思っています。

来たれ、ネクストリーダー!

テックタッチ 代表取締役 井無田 仲

井無田 仲

OVERVIEW

対象

  • 1〜3年ほどの社会人経験がある方
  • 起業家になりたい、もっと大きく成長したいと考えている、野心のある方

期間

  • 入社から3年間

内容

  • 12ヶ月毎にマーケ、セールス、カスタマーサクセス、プロダクトマネジメントの4職種のうち3職種をローテーション
  • コロンビアビジネススクール、マサチューセッツ工科大学MBA出身の経営陣による、年5-10回のMBA講義実施
  • 代表井無田主催の海外スタートアップ研究ワークショップを週次で実施
  • 各セクションの責任者と、隔週で1on1ミーティングを実施

プログラム修了後の流れ

3年経過後(あるいはその前)に、下記選択肢を選ぶことが可能

  • 各セクションを選択し、引き続きテックタッチに所属する(その分野のスペシャリストを目指す)
  • テックタッチから離れ、独立、起業
  • 社内新規事業 / 起業プログラム(代表井無田が事業の壁打ちにコミット)に参加

MENTORS

  • 井無田 仲

    代表取締役 井無田 仲

    慶應義塾大学法学部、コロンビアビジネススクールMBA卒。
    ドイツ証券、新生銀行にて企業の資金調達/M&A助言業務に従事後、ユナイテッド社で事業責任者、米国子会社代表などを歴任し、大規模サービスの開発・グロースなどを手がける。2018年にテックタッチ株式会社を創業。

  • 垣畑 陽

    執行役員CSO 垣畑 陽

    京都大学総合人間学部卒。株式会社 商船三井で営業を経験後、経営企画部門で投資審査や子会社管理を担当。その後マッキンゼー・アンド・カンパニージャパンに移り、マネージャーとして、新規事業戦略立案から生産現場の地道なカイゼン活動まで幅広く従事。
    テックタッチ株式会社では主にカスタマーサクセス領域に従事。

  • 中出 昌哉

    執行役員CFO 中出 昌哉

    東京大学経済学部、マサチューセッツ工科大学MBA卒。
    野村證券株式会社にて投資銀行業務に従事し、素材エネルギーセクターのM&A案件を数多く手掛ける。その後、カーライル・グループにて投資業に従事。ヘルスケア企業のバリューアップや、グローバル最大手の検査機器提供会社への投資等を担当。
    テックタッチ株式会社では、事業戦略をメインに担う。

  • 中尾 憲一

    執行役員CPO 中尾 憲一

    ソニー株式会社、株式会社ディー・エヌ・エーを経て、FROSK株式会社を創業。大手アプリディベロッパーがこぞって使うクラッシュ解析ツール「SmartBeat」を開発。同社をヤフー株式会社に売却した後も4年間CEOを務める。その後、ブロックチェーン分野での事業開発、BCG Digital Venturesにて大手企業とのデジタル事業開発に従事。
    テックタッチ株式会社では、プロダクトマネジメントを担う。

SPECIAL COACH

  • 倉林 陽

    社外取締役 倉林 陽

    富士通株式会社及び三井物産株式会社にて日米でのベンチャーキャピタル業務を担当後、Globespan Capital Partners及びsalesforce.comの日本投資責任者を歴任。2015年3月よりDraper Nexus Venture Partnersに参画しManaging Director就任。同志社大学博士(学術)、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営大学院修了。著書「コーポレートベンチャーキャピタルの実務」(中央経済社)

PEER GROUP

小西 登真

小西 登真2021年1月1日入社

入社までの経歴と入社のきっかけ、決め手

SaaS提供企業1社を経て、テックタッチに入社しました。
自身の「将来は起業をしたい」という目標に対して、プレイヤーとして色々な部署で経験を積める環境を探し始めたことが、転職のきっかけでした。
最終的には、テックタッチの、尊敬できる人がいること・成長環境があること・会社で積める経験があること、全てが自身にフィットすると考え、入社を決めました。

入社後どんな経験をしているか

入社後すぐインサイドセールス / 営業企画を経験し、現在はカスタマーサクセスとマーケティングをメインで担当しています。
今後は、顧客の課題解決に向けた適切な提案をするスキルを身につけるべく、フィールドセールスの経験を積む予定です。
経営陣とともに業務をする機会が多く、日々沢山の学びがあります。

将来どんな起業家、ビジネスパーソンになりたいと思っているか

起業家・ビジネスパーソンとしての理想については日々検討中です。
現段階では、自身がワクワクするような夢を持ち、その夢に向かって全力で突き進んでいる状態を目指しています。
頭脳明晰かつ素直さがあり、かつ人望がある人への憧れがあるので、そのような人になれるよう、今後もテックタッチの経験を通じて、アップデートしていきたいと思います。

木村 太一

木村 太一2021年6月1日入社

入社までの経歴と入社のきっかけ、決め手

今までの会社では、教育系SaaSの営業・CS、介護業界のワークシェアプラットフォームのBizサイド全般を担当していました。
テックタッチ入社の決め手は、バリューと行動指針が、自分の人生において大事にしている価値観と方向性が合致していたことです。

入社後どんな経験をしているか

主にカスタマーサクセスと公共セクターを担当していますが、パートナーシップやフィールドセールス、インサイドセールスに入ることもあります。
他にも色々挑戦する機会はあり、その挑戦を後押ししてくれる環境です。

将来どんな起業家、ビジネスパーソンになりたいと思っているか

仕事は楽しく、人生を豊かにするものだと感じる人を、1人でも増やせる会社をつくりたいと考えています。
そのために、正しい思想と誠実さを持ち、社員の幸せを守れる強さ(ビジネススキル)を身につけていきたいです。

CONTACT

私たちは、あなたの本気の挑戦を待っています。

エントリーする