タレントマネジメントシステムの活用に失敗する理由とは?導入・運営のポイントを紹介

社内システム担当者向け

こんにちは!
従業員のシステム定着を実現、システム価値を最大化する「テックタッチ」ライターチームです。

タレントマネジメントによる人材の有効活用を期待し、タレントマネジメントシステムを導入する企業が増えています。
しかし、タレントマネジメントシステムを導入すれば、必ず期待する効果が得られるというわけではありません。
費用をかけて導入したものの失敗に終わるケースもあります。

本記事では、タレントマネジメントシステムの導入に失敗する理由とともに、導入・運営に成功するために押さえておくべきポイントを紹介します。
なお、タレントマネジメントシステムの重要性や選び方のポイントについては、「タレントマネジメントシステムとは?重要性や選び方のポイントを紹介」をご覧ください。

【クラウドベンダー様向け】 タレントマネジメントシステム システム定着の課題と改善ポイント

 

タレントマネジメントシステムを導入しても失敗する理由

タレントマネジメントシステムの導入に失敗してしまうよくある理由を3つ紹介します。

導入目的があいまいで活用されない

タレントマネジメントシステムは、従業員本人、現場の管理者、経営企画部門などの人事部門以外の部署でも活用できるシステムです。
導入目的やゴールが不明確なままで導入を進めると、人事管理システムとの区別がつかず、用途の重複が生じることがあります。

また、人事部門以外の部署へも導入目的や用途が伝わらないため、放置され活用されないシステムとなる可能性があります。

データ収集がうまくいかず、本来の効果が得られない

タレントマネジメントシステムを活用するためには、データの蓄積が必要です。
現場の従業員から十分な理解を得ていないまま経営層の独断でタレントマネジメントシステムの導入を進めても、従業員の協力を得ることができず、システムに入力してほしい情報について、従業員から積極的な提供を得られないことが予想されます。

システムが自社に合わず、円滑な運用ができない

例えば、導入したシステムが既存のフローと連携できない場合、データの重複が発生し、かえって作業量が増えてしまいます。
重複作業により従業員が疲弊しシステム活用への意欲を失ってしまうことで、スムーズな運用ができなくなる可能性が高まります。

タレントマネジメントシステム導入時のポイント

タレントマネジメントシステムを導入する際は、自社に合ったシステムを選定することが重要です。選定するために重要視するとよいのは以下のポイントです。

システムの使いやすさ
タレントマネジメントシステムを活用するためには、データ入力などの従業員の協力が必要です。
そのため、従業員にとって使いやすいシステムであることが重要です。
システム操作に不慣れな従業員が多ければ感覚的に操作しやすいものがよいでしょう。

拡張性や既存システムとの連携のしやすさ
自社の業務に合わせたシステムに調整できる拡張性や柔軟性も重要です。
給与管理システムや勤怠管理システムといった、既存システムとの連携が容易かどうかを確認しましょう。

コストパフォーマンス
導入時だけでなく、導入後の運用コストも考慮する必要があります。
自社の目的と照らし合わせ、必要以上の機能が搭載されていることで不要な費用が発生していないかも確認します。

ただし、安くてもセキュリティ面やサポートに不安があってはいけません。
総合的に機能とサービスを把握したうえでコストパフォーマンスを評価しなくてはいけません。

【クラウドベンダー様向け】 タレントマネジメントシステム システム定着の課題と改善ポイント

タレントマネジメントシステム運用時のポイント

タレントマネジメントシステムの運用段階で気をつけるべきポイントを紹介します。

導入目的に沿った一貫性のある運用を行う

タレントマネジメントシステムの導入の際、まずは解決すべき課題を明確にします。
導入目的を整理したら、最初に設定したゴールに向けて、一貫性のある運用をしていきます。

実際に行う施策は、従業員の採用や配置、その後の教育や評価などさまざまですが、各施策は最初に設定したゴールに向け、統括的に行う必要があります。
また、設定したゴールを達成するために、収集したデータをどのように活用するかについても明確に決める必要があるでしょう。

従業員の情報更新を正確かつ適時行う

適切にタレントマネジメントシステムを運用するには、従業員情報が正確に適時更新されなくてはいけません。
そのためには、従業員にタレントマネジメントシステムの意義を周知し、自律的な情報更新を促す必要があります。
タレントマネジメントシステムは、従業員自身にも次のようなメリットがあることを伝えましょう。

  • 従業員の持つ強みを生かした人材配置が可能
  • キャリアプランに沿った計画的な教育を受けられる

また、企業側から定期的なアンケートを実施することで、回答結果からデータ収集する運用も効果的です。

タレントマネジメントシステムの効果的な活用例

タレントマネジメントの導入で失敗する理由を把握したところでタレントマネジメントシステムの効果的な活用例を紹介します。

機能による効果的な活用

情報の一元管理による効果的な人材育成
人材に関する情報は多岐にわたり、複数のシステムにデータが散らばってしまうことも多いです。
タレントマネジメントシステムを活用すれば「異動・昇進・昇格」「人事考課」「研修受講歴」「本人の希望するキャリアコース」など多くのデータを一元管理可能です。

これらのデータを総合的に考慮することで、効果的な育成プランを策定することができます。

異動配置シミュレーションによる移動配置の最適化
人事異動は組織活性化やチーム力向上が期待できる一方で、入念な異動調整が必要です。
タレントマネジメントシステムなら、異動によるチームの平均年齢や給与の変化を予測し、組織へ与える影響のシミュレーションを容易に行えます。
これにより、異動調整にかかる工数削減、異動配置の最適化が実現します。

効果的な運用手法による活用例

人事制度と最新のデータベース更新の好循環
タレントマネジメントシステムの導入にあわせ、システム活用を前提とした人事制度を構築します。
例えば、重要プロジェクトを任せるために必要なスキルを定義し、要件を満たした人材を全社から探索する、従業員の適性・希望に沿った業務を任せるための柔軟な人事制度を構築する、などが該当します。

能力や意欲に応じた仕事ができることが従業員へのインセンティブとなり、自律的な情報更新が促されるでしょう。
データベースが常に最新情報に更新され、従業員にとって満足度の高い人事、もしくはキャリアプランが実現すれば、モチベーションの向上や離職防止にも寄与します。

スモールスタートによるシステム導入
最初から全社で一斉に導入するのではなく、スモールスタートで特定の部門にのみシステムを導入し、全社には段階的に導入します。
スモールスタートにより、コストは抑えつつ、課題の抽出と解決策を早期に確認することが可能となります。

自社としてどのように人材情報を活用していけばいいのか、全社的な導入の前に試験運用を重ねることで、全社運用の方法を検討することができます。

失敗の理由を知ることで、タレントマネジメントシステムの効果的な活用を実現しよう

戦略的に人材の配置や教育を行うために、情報を一元管理できるタレントマネジメントシステムは意義の大きいツールです。
しかし、事前準備が不足した状態で導入だけを進めてしまっては、期待する効果を得ることは難しいでしょう。
失敗の理由と効果的な活用事例を知り、ポイントを押さえたうえで導入・運営を進めることをおすすめします。

タレントマネジメントシステムの導入・運用を成功させるためには、システムの機能性のみならず、使いやすさやサポート力も重要です。
しかし、使いやすさとサポート力に留意してシステムを選んだ場合でも、従業員の熟練度には差があるため、必ずしもすべての従業員がシステムを使いこなせるとは限りません。

迅速に、すべての従業員がタレントマネジメントシステムを使いこなせる状況を実現したい場合には、テックタッチの提供する「テックタッチ」の導入がおすすめです。
「テックタッチ」を活用することで、システム上にリアルタイムで表示される操作ガイドや、入力ルールを示すツールチップをノーコードで実装することができます。

これにより、従業員が行うタレントマネジメントシステムへの正しい粒度の情報入力を定着化させることができ、タレントマネジメントシステム本来の効果を発揮し、目的を達成します。
タレントマネジメントシステム導入にお悩みの方や、運用を成功させたい方は、ぜひご相談ください。

≫≫ テックタッチのサービス詳細はこちらから

DAP市場国内シェア3年連続No.1テックタッチ

ユーザー数400万突破・DAP市場国内シェアNo.1のツールを提供しているテックタッチが、DX実現に向けたノウハウやSaaSプロダクト提供における課題解決の手法など幅広く情報を発信しています。

scrollToTopButton