テックタッチを使うと、
誰でも簡単にシステムの利用が可能に
デジタルトランスフォーメーションを実現

  • 1

    システム教育の新しいかたち

    新システム導入時にナビゲーションを設定できるため、複雑なシステムでもマニュアルレスで誰でも活用できるようになります。

    システム教育の新しいかたち
  • 2

    システムの利活用

    ガイドによって誰でも正しい情報の入力が可能になるため、データの質が向上し、システム導入時に想定していた効果を引き出すことができます。

    システムの利活用
  • 3

    ユーザーの声をシステム
    に即時反映

    プログラミング不要でナビゲーションを作成・修正できるため、ユーザーの声をもとにシステムへ即時反映することができます。

    ユーザーの声をシステムに即時反映

デジタルガイド

あらゆるシステム上に、ステップ・バイ・ステップの操作ガイドや、入力ルールを示すツールチップを展開することで、ユーザー体験を向上させます。

  • 多様な操作ガイドで、ゴールまでナビゲーション

    吹き出し、ポップアップ、選択分岐などの多様なガイドステップによって、ユーザーは迷うことなくプロセスを遂行できます。

  • 画面上の任意の場所に、ヒントや説明を設置

    用語説明、入力ルールなどのちょっとしたヒントや説明を、画面上の任意の箇所に、ツールチップとして設置することができます。

  • 条件に応じたガイドの出し分け

    日時や期間、ブラウザ、デバイスなど、ユーザーの環境に応じて実行される操作ガイドを出し分けることができます。ユーザー毎に最適なガイドを、最適なタイミングで提供可能です。

  • 誤った入力を未然に防止

    テキスト入力された内容をリアルタイムに検証し、規則に沿わない内容の入力や入力ミスを未然に防ぐことができます。

  • ノーコード、かんたん操作でコンテンツ作成

    すべてのガイドやツールチップは、利用システム画面上での直感的な操作によって、作成と設置が可能です。作業中のガイドは即座にプレビューでき、ユーザー体験を確認しながら、操作ガイドを作成できます。

オートフロー

システム利用時の面倒で複雑な定型操作を、簡単操作で自動化し、ユーザーの生産性を向上させます。

  • 定型操作をかんたん自動化

    クリック、入力、セレクトといった面倒な定型操作を、ユーザーに代わり自動実行します。不要なシステム操作時間の短縮、操作ミスの削減によってユーザー負担を軽くし、最も重要なプロセスに集中してもらうことで、システムの利用体験を高めます。

  • 動的入力による複雑な処理の自動化

    プロセスにおいて動的に変わる値やユーザーの入力値を変数として記憶し、任意の箇所の自動入力の値として利用することができます。ページを跨いだデータの共有や、ユーザーの入力に応じて変化する操作の実行など、複雑なタスクの自動化も行えます。

  • プログラミング経験やスキル不要

    自動化の設定や変数の利用に、プログラミング知識や技術は必要としません。一切コードを書くことなく、画面上の操作のみによって、自動化を実現することができます。

利用分析

ユーザーによるシステム利用動向を可視化し、活用されていない機能や、非効率な操作を発見します。

  • ユーザーのシステム利用状況を可視化

    ユーザーによるシステム利用頻度や利用時間、利用機能を可視化することで、システム、各機能の活用の実態を把握します。

  • 操作ガイド利用状況を分析

    導入したガイド、ツールチップの利用回数や利用ユーザ数、利用トレンドの分析により、導入時の目標値に対して、常時進捗度合いを確認することができます。

  • ユーザーの離脱箇所を発見

    ユーザーの行動を分析し、プロセスの途中でユーザーが操作に詰まる箇所や、離脱の多い箇所、離脱理由を探ります。該当箇所に操作ガイドを設置することで、ユーザー体験を向上させます。