ノーコードのガイド・ナビゲーションツール「テックタッチ」を提供するテックタッチが、17.8億円を調達

プレスリリース

ノーコードのガイド・ナビゲーションツール「テックタッチ」を提供するテックタッチが、17.8億円を調達
〜国内の大手企業との一層のDX推進並びに、官公庁・自治体への提供も強化し、日本のデジタル化を多面的に推進〜

ノーコードのガイド・ナビゲーションツール「テックタッチ」(https://techtouch.jp/)を開発・提供するテックタッチ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:井無田仲、以下、当社)は2023年1月11日、DNX Venturesをリード投資家として総額17.8億円を調達したことをお知らせいたします。メガバンク系投資家として、三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、CVCとして、NTTドコモ・ベンチャーズ、電通ベンチャーズ、BRICKS FUND TOKYO(三菱地所株式会社)、新規投資家として、Sony Innovation Fund、THE CREATIVE FUND、既存投資家としてDNX Ventures、DBJキャピタル株式会社、Archetype Venturesを引受先としています。このたびの調達により、累計調達額は24億円となります。

主な資金使途は、さらなる事業成長を目的とした、人材採用、マーケティング、海外進出への投資です。
このたびの人材採用への投資により、従業員数は半年以内に100名突破を見据えています。そして、「テックタッチ」がメインターゲットとしている3領域(大手企業・官公庁や自治体・SaaS企業)におけるマーケティングを強化し、3年以内にエンドユーザー1,000万人突破を目指します。特に、国内の大手企業との一層のDX推進を行うとともに、昨年から新たなターゲットとしている公共セクターでは3年間で官公庁含め200法人での導入を目指します。
テックタッチは、Web上のあらゆるシステムに入力ガイドを設置でき、正しくゴールまでナビゲーションすることで、対クライアントサポートや、対社内の問い合わせ対応といった工数負担を圧倒的に軽減するノーコードのガイド・ナビゲーションツールです。
従来は人づてやマニュアルによって行っていたシステム教育を、リアルタイムのガイド・ナビゲーションができる「テックタッチ」をベースとして行うことで、以下3つのことが実現できます。

(1)システムへの入力操作が分からないことで発生するミス、各種お問い合わせ対応、説明会の実施やマニュアル作成などの業務にかかる工数削減
(2)従来のシステム教育では使いこなされなかったシステムが使いこなされる状態の実現
(3)入力されるデータの精度向上

私たちは「テックタッチ」により、主に以下3つの課題を解決しています。

  • (1) 大手企業のDXにおける、ITシステム活用の障壁

多くの大手企業において、DX実現を目的とした多くのITシステム導入が行われています。一方で、こうしたシステム・オペレーションの急激な変化に従業員の方が対応できないために、「DXを目的に導入したシステムがその意図通りに使いこなされず、結果としてDXが進捗しない」という事態が多発しています。 

その課題を、ノーコードでガイド・ナビゲーションを設置できる「テックタッチ」によって解決しています。「テックタッチ」では、まるでシステム操作者の隣に人がいるかのように「次はここをクリックしてください」「ここに入力してください」とナビゲートすることが可能で、そのガイド・ナビゲーションで、システムに抵抗がある従業員の方でも誰でも簡単にシステムを操作できます。それにより、システムのスムーズな導入、さらにはシステム導入部門における、お問い合わせ対応工数、マニュアル作成工数の削減にも貢献しています。現在、金融機関をはじめとする多くの大手企業に導入されています。

  • (2)官公庁・自治体の、デジタル・ディバイドによる電子化への障壁

政府は2021年12月より、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」を掲げ、中央省庁・官公庁・自治体などにおけるデジタル化の推進を目指しています。また、自治体も、行政手続きの利便性向上や行政運営の簡素化・効率化、また、新型コロナウイルスの影響によるリモートワークの推進・不要不急の外出自粛・三密回避といった生活や働き方の変化による市民からのニーズの高まりを受け、官公庁・各自治体が電子申請サービスの導入を始めています。

しかし、一般的に、システムでの行政手続きの電子化を進めるのみでは、システムの操作に不慣れなユーザーはその潮流に取り残される(デジタル・ディバイド)懸念があり、システム活用にあたっての障壁を取り払うことが求められています。

その課題を「テックタッチ」は(1)でも触れた通り、ガイド・ナビゲーションで、誰でも迷わずに操作できる環境を整備することで解決しています。その利便性を評価いただき、中央省庁、都道府県管轄のシステムへの導入が決定しています。 

  • (3)SaaS企業における、IT人材不足によるリソースの課題

SaaS提供企業のカスタマーサクセスには、顧客からの多岐にわたるニーズに答えることが求められ、結果として、そのサポートはハイタッチになりがちです。ハイタッチなサポートを行うためには、多くのリソースが必要になりますが、カスタマーサクセスの採用は難しく、限られたリソースで顧客体験を最大化するためには、適所での業務効率化、カスタマーサクセスのテックタッチ化が必須です。
さらに、近年のカスタマーサクセス担当者には、上記のような顧客のニーズに答える取り組みの実施だけでなく、カスタマーマーケティングの実施、アップセルやクロスセルの獲得など、売上貢献への役割も同時に求められています。その役割自体を、提供するSaaS自体に担わせる潮流として、PLG(※1) 型の事業運営が注目を集めています。

カスタマーサクセスにおけるカスタマーマーケティングの実施、テックタッチ化、PLG化には、一般的にはエンジニアによるコーディングなどによったプロダクトのUI/UXの改善が必須ですが、そもそものリソース不足、IT人材不足による採用難で難航する傾向にあります。
テックタッチはその課題を、ノーコードで設置できるガイド・ナビゲーションによって解決しています。「テックタッチ」で、コーディングに専門性を持たないビジネスサイドのカスタマーサクセス担当者でも簡単に設置できるガイド・ナビゲーションを活用することで、SaaS企業におけるカスタマーマーケティングの実施やテックタッチ化、提供SaaSのPLG化を支援しています。(※2)

その点を評価いただき、現在、多くのSaaS企業に導入されています。

※1 「プロダクト・レッド・グロース」の略。プロダクトそのものに営業やマーケティングの機能を付し、事業成長を目指す考え方
※2 導入事例一覧:https://techtouch.jp/cases/

■投資家一覧
<このたびの調達のポイント>

  • 多くの引受先の皆様に実際に「テックタッチ」を利用し、その機能性や将来性を評価され、計6社のメガバンク系投資家・CVCから出資いただきました。
  • シリーズAからの事業成長を評価され、当社のシリーズAの調達をリードしたDNX Venturesが、再びリード投資家としてこの度の調達をリードしました。

<引受先一覧>
–  DNX Ventures(リード投資家)
–  電通ベンチャーズ
–  みずほキャピタル株式会社
–  三菱UFJキャピタル株式会社
–  Archetype Ventures
–  BRICKS FUND TOKYO(三菱地所株式会社)
–  DBJキャピタル株式会社
–  株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
–  SMBCベンチャーキャピタル株式会社
–  Sony Innovation Fund
–  THE CREATIVE FUND 

■リード投資家のコメント

DNX Ventures マネージングパートナー兼日本代表 倉林 陽 様
前回のSeries Aラウンドに引き続き、今回もテックタッチのSeries Bラウンドをリードでき嬉しく思っております。テックタッチの提供するプロダクトは、DXの根幹となる「ヒトがソフトウェアを使いこなす」ことに焦点を当てたアプリケーションとして、日本を代表する大企業様を中心に高い評価を受けております。今回調達した資金をもとにプロダクトをさらに磨き込み、テックタッチが日本のDXを牽引する存在になることを期待しております。 

■他引受先コメント(五十音順)
電通ベンチャーズ プリンシパル 諫山 樹 様
SaaSなどのデジタルツールが普及し、あらゆるユーザー接点/体験のDXが進行中です。他方、汎用化されたデジタルツールにユーザーが行動を合わせられず、導入したものの活用されず放置ということもしばしばです。この「デジタルツールのラストワンインチ」とも言える本質的課題に取り組むのがテックタッチです。社会の真のDX実現に向けてUI/UXの最前線でチャレンジする当社を全力でサポートさせていただきます。 

みずほキャピタル株式会社 代表取締役社長 大町 祐輔 様
企業にとってDX化は重要なテーマですが、実行は容易ではありません。「テックタッチ」は、システム導入後の利活用に特化したサービスで、「すべてのユーザーがシステムを使いこなせる世界」の実現を目指しています。既に多くの大手企業から高い評価を得ており、日本のDX化を牽引する存在になると大いに期待しています。

みずほキャピタルは、井無田社長をはじめ素晴らしい経営チームの皆さんと共にテックタッチ社の成長を目指し、全力でサポートします。

三菱UFJキャピタル株式会社 投資第一部 副部長 新谷圭次郎 様
既報の通りテックタッチのサービスを三菱UFJ銀行にて利用させて頂いております。複雑化する情報システムの改修は大きな費用がかかるため、当社のサービスは多くの企業にとってニーズがあると確信しています。テックタッチはユーザー目線での使いやすさに加えて導入後のサポートも良く、信頼感があるサービスを提供しています。より多くのお客様への課題解決に貢献できるものとして、今回シリーズBに参加させて頂きました。

Archetype Ventures Managing Partner 福井 俊平 様
シードラウンド、シリーズAラウンドに続き、今回もご一緒させていただけることを大変嬉しく思っております。2019年の初回投資時から現在に至るまで日本を代表する多くの大企業様で導入されてきたテックタッチですが、最近では本リリースにもあるようにクラウドサービスを提供するSaaS企業様での導入や、裾野市様と連携協定を締結するなど、着実に価値提供の幅を広げています。今後も今まで以上に多くのお客様から選ばれ、日本のDXを牽引する企業になっていくことを期待しています。

BRICKS FUND TOKYO / 三菱地所株式会社 新事業創造部長 井上 和幸 様
DXが様々なセクターにおいて加速する中、その効果を最大化させ、単なる効率化に留まらない産業構造の変革に繋げていくことが求められています。テックタッチのソリューションは、システムの定着化やデータ分析などの機能を通じてDXの推進における様々な課題を解決しており、幅広い業種・業態に導入が進んでいます。同社が企業ならびに官公庁・自治体のDXを加速し、国内産業の変革に貢献するものと期待しており、三菱地所グループとの連携を通じて同社の成長を支援してまいります。

DBJキャピタル株式会社 シニア・インベストメント・マネージャー 磯部 真吾 様
私自身、社内システムや公共サービスを利用する中で、UIの悪さや辞書のような社内マニュアルの紐解き、また1システムオーナとしても誤入力や問い合わせを何度も受けた経験があり、日々ストレスを感じていました。「テックタッチ」の提供するスムーズなナビゲートや無駄な対応コストの削減がバックオフィスの負担軽減と生産性の底上げに繋がる点に共感し、今回2回目の投資をさせていただきました。クレバーな経営メンバーが今後海外も含め更に躍進されることを期待し、引き続きサポートさせて頂きます。

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ 代表取締役社長 笹原 優子、Manager 田口 知宏様
テックタッチ社が思い描く「すべてのユーザーがシステムを使いこなせる世界に」の実現に向けた道のりは容易では無いものの、井無田社長をはじめとする熱量の高い経営陣の皆様であれば、着実に歩みを進め世界の景色を変えることができると確信致しました。

今回の出資を通じて、NTT及びNTTドコモグループも共に、ユーザーにとってより便利な世の中に変えていくことを期待し支援させて頂きたいと思っています。

SMBCベンチャーキャピタル株式会社 投資営業第一部 次長 森田 諒 様
システム導入において、多くの企業が、従業員のシステム習熟のためのサポートや問い合わせ対応といった、導入後の運用コストの高さに課題を抱えています。
DXの推進や2025年の崖などを背景に多くの企業でシステム刷新が待ったなしの状況にある中、「テックタッチ」は、これを支える重要な役割を担い得るものと考えております。

SMBCグループ一丸となり、テックタッチ社が掲げる「すべてのユーザーがシステムを使いこなせる世界に」の実現を支援して参ります。

ソニーベンチャーズ株式会社 代表取締役社長 土川 元 様
今後の日本企業のDXにおいて「テックタッチ」は価値あるサービスであると感じています。同社は、関連ツールの提供のみならず、大手企業等の支援実績から蓄積したノウハウをもとに、シームレスなDX導入と、導入効果を大幅に向上しています。当ファンドの「イノベーションを創出する企業を支援したい」という考えにもマッチしています。ソニーグループでの活用も視野にあり、さらなる事業成長を期待しています。

THE CREATIVE FUND 代表パートナー 小池 藍 様

今までありそうでなかった、そんなビジネスが形になっているのを見て、ご一緒したいと、出資を即お願いしました。テクノロジーなしでは生きられない世の中ですが、まだまだ使いこなせていない、不自由を感じている人も実は多いと思っています。テクノロジー格差をなくしていく、社会的意義も強いテックタッチのサービスを、一人でも多くの人に使ってもらえるよう、クリエイティブエージェンシーのGOとともにクリエイティブでサポートしていきます。

 ■資金使途

1. 採用強化
お客様のさらなる課題解決に向け、採用を強化します。

2.マーケティング
より多くのお客様のDX化の支援に向け、認知拡大のためのマーケティングを強化します。

3.海外進出
海外への進出により、国内に限らず、海外におけるシステム利活用の課題の解決を目指します。

■テックタッチ株式会社 代表取締役 井無田 仲 コメント
金融市場が急速に冷え込む中、日本を代表する大企業の皆様からご期待・ご信頼をいただけたこと、多額の資金をご出資いただけたこと、深く感謝申し上げます。頂戴した期待と責任の大きさに身が引き締まる思いです。

日本企業のDXのラストワンマイルを支援する企業として、現在注力している事業への成長加速に投資するとともに、海外展開などの「次の5年」を支えるような投資も並行して実行して参ります。今後の展開にご期待ください。

■テックタッチ株式会社 CFO 中出 昌哉 コメント
市場環境としては、決していい状態とは言えない中、大規模な資金調達を実施できた事を大変嬉しく思っています。

既存の投資家様からの引き続きの手厚いサポートに深く感謝すると共に、新規の投資家様である、メガバンク系投資家様・CVC様にもこの場を借りて感謝の意を表明させて頂きます。テックタッチは、大企業様のDXを全力で支援している会社であり、その様な大企業様に評価され、資本の関係も持てる事はテックタッチのビジョンに沿うものであり、今後より一層成長の加速ができるものとワクワクしております。

■採用情報
・2月1日(水)19:00〜:シリーズB 17.8億円調達!VCから見たテックタッチ –群雄割拠なSaaS業界でなぜテックタッチに出資?大手VCのHead of Japanに聞いてみた
https://techtouch.jp/event/hiring20230201/

・2月8日(水)19:30〜:上場企業からスタートアップのマーケ責任者へ。入社からの3ヶ月を語ります。
https://techtouch.jp/event/hiring20230208/

・2月15日(水)19:30〜:急成長するエンタープライズ向けSaaSスタートアップの事業の裏側-働きがいや乗り越えてきた課題について赤裸々トーク!
https://techtouch.jp/event/hiring20230215/

・2月21日(火)19:30〜:【総合商社/リクルート出身の20代が語る】経営陣直下で複数職種をローテする、日本初の次世代リーダー育成プログラム「TLP」で僕らは何を身につけ、何を目指すのか
https://techtouch.jp/event/hiring20230221/

…and more coming soon!

KEPPLEに「テックタッチ」に関する記事が掲載されました

メディア掲載

KEPPLの「システム操作ガイドのテックタッチ、ITリテラシー格差のない世界の実現へ」という記事にて、

「テックタッチ」について触れていただきました。
https://kepple.co.jp/articles/financing/xdgmrsd0glg

すべてのユーザーがシステムを使いこなせる世界に

すべてのユーザーが
システムを使いこなせる世界に

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。
担当スタッフが詳しくご説明いたします。

すべてのユーザーが
システムを使いこなせる世界に

すべてのユーザーがシステムを使いこなせる世界に

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。担当スタッフが詳しくご説明いたします。